反骨でありたい

とにかく日々をつづります。記録です。

「雀蜂」を読了

小説のジャンルではホラーが一番好きです。

なかでも一番好きな作家が貴志祐介氏です。

これまでも「黒い家」「クリムゾンの迷宮」「天使の囀り」「青の炎」「新世界より」等を読んできました。

今回は「雀蜂」です。

結論からいうと、これまでの作品よりも正直イマイチな感じがしました。

 

少し叙述トリック的なところがあり、

また引き込むような描写は素晴らしかったのですが、

設定に少し無理というか特殊すぎたこと、見方によれば少し世界観がチープな感じを受けるかなという印象です。

 

一番好きな作家だけに期待値が大きく少し辛口な感じになりましたが、

スピード感があり読みやすいしそれなりにおもしろいです。

 


Amazon.co.jp: 雀蜂 (角川ホラー文庫): 貴志 祐介: 本