反骨でありたい

とにかく日々をつづります。記録です。

「みんないってしまう」を読了

山本文緒さんの本は大学生時代によく読んでいました。

山本さんの作品は恋愛や結婚、仕事、親との死別といったアラサーの悩みが女性視点で描かれています。

ハタチ男性の当時の私が、どうして山本さんの作品を好んで読んでいたのかよくわからないです。少し病んでたのかもしれません。

 

さて、アラサーになった私が標記の作品を読みなおしてみました。

当時と感じ方が変わるかなと思いましたが、それほど変わりませんでした。

 

結末が読者にゆだねられる形で終わる短編が多く、

自分だったらどうするだろうと考えさせられるものもあります。

次に山本さんの本を読みなおすとしたらもう少し恋愛色の強いものを読みたいと思います。